Miniature Garden in the Real World

大好きだから、がんばれる

About this blog

 

徒然なるままに、舞台の感想を書き留めたくて開設したブログです。

ネタバレへの配慮無し・マイナスな感想も有り」なので、ご注意ください。

 

Twitterにてちょこちょこ感想を上げていましたが、公演中は内容に触れないようにしたり、後で見返しにくかったり、と用途が違ったなぁと反省し、過去の感想も(加筆修正しつつ)ここへ持ってくる予定です。

書きたい時に書く!スタンスなので、公演終了後少し経ってから今更な感想も…ww

 

 

★Profile★

な〜さん@LaEtapa (@laEtapa1990) | Twitter

一期一会を大切にっ!見逃さない、ということがモットー(笑)

だったのですが、さすがに行きすぎなので2018年は厳選したい!(笑)

役者より演目・内容重視なので、推しが出ていても嫌いな内容だと見に行かない偏食

基本予習はしない派 

 

*ジャンル*

東宝・2.5を中心に、朗読劇や歌舞伎や宝塚も見る雑食

 

*プチヒストリー*

2006 宝塚大劇場にて『堕天使の涙』を観て衝撃を受ける

2009 『ダンス・オブ・ヴァンパイア』で山口さんに落ちる

2014 友人きっかけで2.5にも興味を持ち始め、年間観劇回数が激増

 

*お気に入りな方々(敬称略)*

神さま!→山口祐一郎

大好きっ→吉野圭吾、浦井健治古田新太小池徹平藤沢文翁

     唐橋充藤田玲早乙女太一

     水夏希、神田沙也加

気になる→古川雄大、西田大輔、椎名鯛造、東啓介 etc…

『ジョン万次郎』感想

*舞台「ジョン万次郎」

*EX THEATER ROPPONGI

*2018.6.16マチネ / 2018.6.23ソワレ

溝口琢矢荒木宏文・石原壮馬・正木郁・石賀和輝

 山下聖菜・細貝圭石井智也井深克彦・寿里

 輝山立・鷲尾昇・武智健二・山崎樹範

 

今回も魅力的なキャスト陣が発表され、何も考えず2公演購入!

一人二役とか面白そうだなぁ、とか思いながら、劇場着いてから今更気付いた。

ジョン万次郎は幕末の人じゃないか、とww

かけはや、刀ミュと募る想いがヤバい幕末故か、オープニングの音楽がどうしても刀ミュのTo the Northへ続きそうな気持ちがして仕方なかった…

そして、勝さんから「Never give up!」が出てきて、めっちゃ引っかかると思いながら過ごし、幕間で『獣だ!』となった瞬間、地雷ワード認定したww

 

そんな脳内カオスな状態で観ながらも、改めてジョン万次郎ってこんな人だったんだ、と学び直したww

大河ドラマとかほぼ出てこないから、幕末に船が難破してアメリカへ辿り着いた人、そして戻ってきた人、という浅い知識しかなく、アメリカでの生活や幕末志士との関わりとかとても新鮮だった。

 

溝口氏が演じるジョン万次郎は本当に好奇心旺盛、臆せず前を向き続ける!って雰囲気いっぱいで、観ていてとても気持ちが良かった!

山崎氏の無茶ぶりも常に全力で、山崎氏楽しかっただろうなぁ。

頑張ります!の安定の可愛さに愛おしみ増したww

6/23カテコでは、挨拶に戸惑って山崎氏や細貝氏に助けを求める顔は小型犬でしかなかった…

 

そして、船長な細貝氏とやんちゃなジョリー&半平太の荒木氏、カッコよかった!

細貝氏の頭身にビックリするとともに、カッコよすぎるパパオーラと綺麗な英語に魅了されてたww

荒木氏の洋装&和装楽しめたのもめっちゃ得した気分!

山崎氏のバートレット氏には笑わされた…

 

演出もセットを上手く回して、船とか迫力もあった。

ちょっぴり残念なのは、原作シーンに忠実なのかもしれないけど、薩摩藩邸で万次郎が思いの丈をぶつけるシーンが、若干長くて単調に感じられたトコかなぁ。

熱い気持ちは伝わってくるのだけど、一定テンポの繰り返しに感じられて、伝えたいことがイマイチ刺さらなかった…

 

歴タメLive開催も発表されたし、次作も楽しみだなぁ〜。

『P3WM 第4弾・最終章』感想

*P3WM 第4弾 ~藍の誓約~

*シアターGロッソ

*2017.4.16マチネ

阿澄佳奈富田麻帆大河元気・田野アサミ

 藤原祐規・田上真里奈・坂口湧久・ZAQ

 西山丈也・松本祐一・はねゆり植田圭輔

 

2.5次元舞台初心者の頃に、ふとふっきーさんが出てるから、とペルソナの知識もないのに第2弾を観に行って、映像とのシンクロに驚いたシリーズ。

 

前作から約2年…
回想シーンから始まり、唐橋さんとかアイルくんとかに『はわ〜』となって、
少し苦手だった風花の友情に熱くなって、
順平&チドリの真っ直ぐな想いに涙涙涙…

 

だいぶ涙目になりながら観てたから、最終章生きてるかマジ心配になったww

 

*P3WM 最終章 ~碧空の彼方へ~

*シアターGロッソ

*2017.4.21ソワレ / 2017.4.23ソワレ

阿澄佳奈富田麻帆大河元気・田野アサミ

 藤原祐規・田上真里奈・坂口湧久・ZAQ

 西山丈也・松本祐一・はねゆり植田圭輔藤田玲

 

第2章観た当時、藤田玲氏認識してなかったから、今回荒垣先輩の低音ボイスに「こんな低かったっけ⁉︎」とちょっとビックリ。
4/21カテコ挨拶も藤田氏から頂きました!
しどろもどろになりながらも挨拶終えて、ふっきーさんの横へ超速で戻る可愛さに癒されたww

 

そして泣きすぎて語彙力を失った結果、感想はこうなった↓
・冒頭から涙
・綾時くんとのお別れ辛い
・お正月のわちゃわちゃ好き
・順平&チドリにまた泣かされた
・荒垣先輩、思ったより出てきた
・頭にポンッはずるい
・テオドアもめちゃ出てきた
・真田が幾月さん出してくれたの嬉しかった(笑)
アイギス…(๑o̴̶̷᷄﹏o̴̶̷̥᷅๑)
・出発直前に先輩とか…(泣)
・タカヤとジンが熱くて切なかった
・宣告者な植ちゃん、妖艶
・呼吸困難になってる方、いました
・ラストはもう切なすぎて、苦しかった
・カテコは一転楽しかった(笑)

 

千秋楽にてようやく、初めて男性主人公観た…ww
やはり蒼井氏だから声高めなんだなぁ〜と思いながら、ラストの歌楽しんだ。
カテコ、一緒にはけようと必死に腕を掴んでいる阿澄さんが可愛らしかった…

 

 

『しゃばけ 参』感想

しゃばけ 参 ~ねこのばば~

*シアターサンモール

*2018.5.3ソワレ

植田圭輔中村誠治郎・藤原祐規・福井将太

 法月康平・石坂勇・松村龍之介

 

この日は若様組からの畠中先生デー!

妹から佐助いなきゃこの話は成り立たない!と言われていたけど、ふっきーさん&福井氏がしっかりそこをカバーしてくれましたよ!

この作品はギリギリ読んだハズで、佐助不在を上手く乗り切ったストーリーに、そういえば…と記憶を掘り返しながら楽しんだww

 

開演前にパンフレット読んでて、佐助に想いを馳せる若旦那の歌があって、「はわわっ(泣)」となってたので…

仁吉さんや若旦那が彼の名前を出す度に、胸が痛かった。

 

そして今回ピカイチで歌の上手かった法月氏

ニコニコ素敵な笑顔に癒され、思い悩む顔にキュンとし…

サンモールの距離感で観ると本当に近くて幸せだった!

 

最速辺りでチケット確保していたので、ねこまたキャストは選択出来なかったけど、まさかの松村氏回!

発表された時は嬉しすぎて、固まったww

(阿澄さんや鯛ちゃん回も観たかったのに、DVD申し込み忘れた…)

 

障子的なブラインドが開いて、

「ピンポーンッ!越後製菓っ!」

って決めポーズした松村氏、とにかく可愛いっ!

いや、もう似合いすぎるオレンジの着物に、猫耳とか殺人的な可愛さ…ww

衣装が似てるから、って付記するふっきーさんも相変わらずで、癒された。

 

ゲストコーナーでは松村氏が何をしたいか言い出す前から、何やら悟った表情のふっきーさんと福井氏…

一体マチネは何をしたのだろう?

ソワレは松村氏チョイスのお題でそれぞれ踊りましたよ…

笑いすぎて、ホント腹筋どうにかなるかと思ったww

ラストも松村氏目の前でノリノリで踊ってくれて、本当癒されすぎた。

 

カテコで植田氏&松村氏トークもヤバかった!

「本日のゲスト、高橋英樹さんで~す」って満面の笑みの植田氏可愛い…

越後製菓ネタは植田氏が考えてくれたとバラす松村氏に、そういうことは言わなくていいのと叱る植田氏。

何この二人組…癒し度MAX過ぎる。

 

劇場が小さくなったのが少し心配だけど、次作もあると信じて楽しみに待ってる!

『戯伝写楽 2018』感想

*戯伝写楽 2018

東京芸術劇場プレイハウス

*2018.1.27ソワレ

橋本さとし中川翔子小西遼生壮一帆

 東山義久山崎樹範・吉野圭吾・村井國夫

 

フライヤーのビジュアルが金髪多くて、ポップな雰囲気だなぁと思っていたら…

吉野さんとかちゃんとちょんまげになってて、登場シーンはおてもやんに見えて笑ってしまったww

ストーリーも写楽が女だったら、ってだけじゃない絵の巧みさ、斬新さにも上手くリンクさせためっちゃ面白い切り口での描き方で、さすが、中島さんの脚本!

歌もあり、笑いもあり、でストーリーに引き込まれたまま、最後まで突っ走ってった感じだったww

 

中川翔子さんの壊れていく感じとか、テレビのイメージと似つつも、一つ一つの感情を丁寧に届けてくれるおせいちゃん良かったぁ。

橋本さんの大人の余裕というか、懐の大きさとお茶目で行き当たりばったりなギャップも素敵だったww

東山さんはホントカッコよいのに、お茶目さ全開な苦労性で、草履故か転びそうになった瞬間にはヒヤッとした…

吉野さんの和装は新鮮だったけど、粋な旦那って感じで…また観たいなぁww

安定の村井さんは存在感凄すぎて、相変わらずの素敵なお声も楽しませて頂きました!

『歌謡倶楽部 艶漢』感想

*歌謡倶楽部「艶漢」第二幕
東京キネマ倶楽部
*2018.4.14ソワレ
*櫻井圭登・末原拓馬・三上俊・田上真里奈
狩野和馬・小槙まこ

 

前回の歌謡倶楽部が楽しかったので、勇気を出してお一人様参戦!

バナナエリア、ヤバそうと思い、二階を選んだけど、ホント良かった…

いやぁ、あの中へ混ざる勇気はまだ無いなぁ。

 

キャストさんに触れる、もといおひねり渡す機会は無いけれど、二階のドセンかつ片方空席、もう片方着席だったので、めっちゃ目立ってたのか視線貰えたし、末原氏は来てくれたから大満足!

何より紙テープが綺麗に投げられたww

 

前回より距離が近くなったからか、キャスト陣もめっちゃ楽しそうで、歌ったり踊ったり、ショートストーリーがあったり、とあっという間に時間が過ぎていった…

浪漫活劇譚を踏まえて、なトコもあるけど、歌謡倶楽部からでも楽しめる形で、ホント気になる方には観てほしいww

 

吉原兄弟の安定した艶やかさと、おひねりタイムの凄まじさ…

六口の可愛さと社長姿の色っぽさ

アグリちゃんの可愛さと、天然さ

各キャラらしさとキャストさんの素が入り混じるのもとっても面白かったなぁ〜。

 

次作、どちらをやってくれるか分からないけど、めっちゃ楽しみ!

『御茶ノ水ロック』感想

御茶ノ水ロック -THE LIVE STAGE-

AiiA 2.5 Theater Tokyo

*2018.4.14マチネ

佐藤流司・崎山つばさ・前山剛久・松本岳・宮城紘大

 谷水力・砂原健佑・Chiyu・夛留見啓助・染谷俊之

 菊田大輔・大塚尚吾・荒木宏文

 

らぶフェスで見たお名前たくさんだったので、ドラマもしっかり観て、参戦ww

 

ドラマはDYDARABOTCH内の絆や兄弟の確執が中心で、佐藤氏可愛いなぁ、染谷氏麗しいなぁ、と思いつつも、DICもっと見たい!聞きたい!って感じだったので、舞台版は大満足!

安定の崎山氏の美しさと、染谷氏のカッコよさは後方席までちゃんと伝わってきたww

最終回、謎の笑みと共に現れた荒木氏も、嫌なキャラではあったけど、めっちゃカッコよかった!

 

AiiAは音響が流石すぎて、若干耳に響いたけど、ライブスタジオなセットがカッコよかったし、ライブもキャスト陣が盛り上げてくれて楽しめた!

ペンラ振りたかったなぁ〜ww

 

カテコでの前山氏のコーレス、

「バ~ニラバニラ」

「「高収入っ!」」

はめっちゃウケたww